FC2ブログ
Welcome to my blog

Animal Hospital

Ree

-
2019040216525466b.jpg
近場の海辺


大好きな

おもちゃを咥えて

お散歩を楽しむ

愛犬の太郎



実は

先日の朝

軟便と共に

出血があり

自宅から

いちばん近い

病院へGO
     20190402171046d8c.jpg




血液と便の検査には

異常はみられず

腸内のバランスが

崩れているとの事で

ホッとするも


夕方までの間

粘膜と血液の混ざった

便が出てしまい

おちりのシャンプーを

2度決行
     2019040217062471b.jpg




眠っている時間は

多いものの

ごはんの気配を感じると

しっぽをふりふり

お目々はキラキラ


食欲もあり

ぐったりした感じは

ないのですが

時々ポタポタと

鮮血のある事が

気掛かりでした


言葉の話せない

愛犬なので

気になる時は

迷わず行動!!



MRIやCTの設備が整い

24時間

救急の対応をして下さる

かかりつけの病院へ連絡

獣医さんに

症状と検査結果をお伝えし

相談したところ


処方された

薬の効果が出るには

もう少し

時間がかかるかもしれない事と

太郎の状態から

緊急性がないとの見解で


もう少し様子をみて

また出血が起こるようなら

夜間でも

病院へ来るよう

指示を頂きました







20190402114744ff9.jpg


その後

お薬の効果で

出血は見られず

昨日

良いお通じがあり


いつもの

太郎さんに

復活です






2019040211474375c.jpg



体調を崩す

2日前から

新たな

口腔内のケアを

始めていました


以前から

歯磨き粉の

種類によっては

お腹が緩くなってしまう

太郎なので


本格的な口腔ケアは

刺激が

強すぎたのかもしれません


桃さんは

特に体調の変化は

見られませんが

念のため

こちらのお手入れは

見送る事となりました



20190402170627c75.jpg



先月

お世話になっている

トリマーさんの

愛犬ちゃんが

突然の

嘔吐と下血

低体温で

倒れてしまいました


セカンドオピニオンの

病院にて

脾臓に腫瘍があると判明


年齢は

まだ5歳のため

悪性で転移の可能性が高い上

大きな手術には

リスクが伴うことなどの

説明を受け


愛犬ちゃんにとって

どのような選択が良いのか?と

かなり悩まれたそうですが

覚悟を決めて

手術の道を

選ばれたそうです


病理の結果は

良性であることが判明

愛犬ちゃんの

生きる力と

たくさんの祈りは

奇跡に繋がるのだと

感激で胸がいっぱいに

なりました






わが家は主に

*診療科目ごとに専門医の居る病院

*東洋医学専門の病院

*高度な救急医療を受けられる病院など

5ヶ所の

動物病院を

かかりつけ医としています


昨日まで

元気だった愛犬でも

ある日

突然急変し

命に関わる選択を

叩きつけられる場面に

出会す事が

起こるかもしれません


そんなとき

どこの病院へ行くか?

どの獣医さんに診て頂くか?で

愛犬の未来が

変わってしまう

場合もあります






20190402114740c76.jpg


桃と太郎が

体調を崩すたびに

命の重さと尊さ

笑顔で過ごせる毎日が

どれほど幸せで

かけがえのない時なのかを

痛感すると共に


日頃から

もしもの時に備えて

いろいろな選択肢を

増やせるよう

心がけていければと

思います2019040217062624a.gif


関連記事
Posted byRee